弁護士法人富永愛法律事務所
医療過誤と交通事故の法律相談
京都府京都市・全国対応

当⽇相談・オンライン相談O K|完全予約制

075-748-1241 075-748-1241
受付時間 平日11時~15時
10 ⽉末まで新規法律相談の受付を停⽌しています。
電話での法律相談は⾏っておりません。
法律相談のご予約は原則メールでお申込みください。

Home 9 解決事例 9 妊婦さんに経腟分娩後、子癇出血が生じ出血多量による死亡となったケース

妊婦さんに経腟分娩後、子癇出血が生じ出血多量による死亡となったケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例

相談前

出産後、子癇出血(子宮の収縮が弱く子宮内から出血すること)を起こしてしまい出血多量で亡くなった悲惨なケースです。ご遺族が、産婦人科医院の診療に問題はなかったのか疑問を持たれて相談に来られました。

相談後

カルテ開示を行って出産時の経過を検討し、産婦人科専門医とともに調査したところ、子癇出血が生じてから出血多量となるまで迅速な対応が行われていなかったこと、救急搬送のタイミングが遅かったことが判明しました。話し合いでの解決には至れず、訴訟提起し、裁判上の和解によって解決しました。

富永 愛弁護士からのコメント

出産時の事故は悲惨な結末になってしまうことがあります。このケースもお母様が亡くなってしまうという悲しい結果を、ご家族とともに受け入れながらともに戦いました。裁判所では、子癇出血を完全に予防できないことや、救命処置を一応は行っていたことなども鑑みて、それでも対応が迅速に行われていれば亡くなることはなかったのではないか、として裁判上の和解に至りました。

解決事例

代表弁護士・医師 富永 愛

この記事を書いた⼈(プロフィール)

弁護⼠法⼈ 富永愛法律事務所 代表弁護⼠
医師(外科) 富永 愛

医学部卒業後、民間病院で現役外科医として勤務しつつ医療専門に特化した富永愛法律事務所開設。現役医師・弁護士として、開設以来、医療過誤・医療ミスを専門に扱う事務所として、医療に関わる全ての法律問題を迅速に解決することを目指しています。病院・診療所・クリニック・介護施設・薬局・老健施設等、医療に関わる問題は、お気軽にご相談ください。