医師・弁護士は、患者側の立場に立ってくれるのですか?

Q.医師・弁護士は、患者側の立場に立ってくれるのですか? A.患者側の活動をする医師・弁護士もいます。  日本全国には、現在、さまざまな分野で、医師・弁護士の両資格をもった方が活躍されています。大学教授、病院の理事、公的機関の職員など、医師・弁護士でも実際には弁護士活動を積極的に行っていない方もおられます。また、弁護士をしている方は、主に医療側の、医師会や医療機関の立場で弁護士活動を行っていることが多いです。...

弁護士選びのポイントは何ですか?

Q.弁護士選びのポイントは何ですか? A.医療専門の弁護士を選ぶ際のポイントは、医療知識、医療訴訟の経験、協力医とのネットワークです。  医療知識について、医学書が何百冊あるとか、医療を専門に行っている等とホームページで顕示しているところもありますが、担当する弁護士に医学的な知識がなければ医学書は何の役にも立ちません。医療過誤の有無を判断するのに最も必要なことは、医学部で医学の基礎を学び、医師として実際に病院の現場を知っていることです。...