当事務所が担当した事件が新聞報道されました

60代女性が転倒し、右肩痛を主訴に、整形外科医院を受診しました。脱臼と診断され、局所麻酔を投与されて治療を受けましたが、急に容態が悪化し心肺停止となり転院搬送されました。低酸素脳症に至り意識が回復しないまま、2年後に死亡しました。家族は、局所麻酔の中毒によって低酸素脳症に至ったとして、麻酔の量や投薬の方法、容態悪化後の救護に過失があるとして訴訟提起しました。医院側は低酸素脳症の原因は脳幹梗塞などの疑いもあるとして、局所麻酔の中毒との因果関係を争っていました。京都地裁は麻酔薬の血中濃度などから局所麻酔によって中毒になったと指摘。また救急...

続きを読む

事務所移転いたしました。

この度当事務所は下記の住所に移転いたしました。 電話、FAX番号も変更しております。 お間違えのないようご確認ください。 今後ともよろしくお願いいたします。 新住所 〒604-8187 京都市中京区東洞院御池下ル笹屋町445 日宝烏丸ビル4階2号 TEL:075-748-1241...

続きを読む