妊婦さんに経腟分娩後、子癇出血が生じ出血多量による死亡となったケース

医療過誤 相談前 出産後、子癇出血(子宮の収縮が弱く子宮内から出血すること)を起こしてしまい出血多量で亡くなった悲惨なケースです。ご遺族が、産婦人科医院の診療に問題はなかったのか疑問を持たれて相談に来られました。 相談後 カルテ開示を行って出産時の経過を検討し、産婦人科専門医とともに調査したところ、子癇出血が生じてから出血多量となるまで迅速な対応が行われていなかったこと、救急搬送のタイミングが遅かったことが判明しました。話し合いでの解決には至れず、訴訟提起し、裁判上の和解によって解決しました。 富永 愛弁護士からのコメント...

続きを読む

定期的に検診受診していたのに癌を見つけてもらえず、全身転移によって死亡したケース

医療過誤 相談前 1年間に2回程度、外来受診をして経過観察をしていたにもかかわらず、がんの診断に必要な検査が行われず、数年後のがん発見時には相当な大きさになり、多臓器転移も判明しました。ご本人が余命わずかな大変な時期に、ご家族と相談に来られました。 相談後...

続きを読む

先天性心疾患に対して再手術の時期が遅れて死亡したケース

医療過誤 相談前 先天性心内膜欠損症・ファロー四徴症対して幼少時に弁置換術を受けていた小学生のお子さんのご遺族の担当弁護士から検討依頼がありました。再手術のタイミングが遅かったのではないか、小児心臓血管外科の協力医が見つからず調査が滞っているので協力してほしいという内容でした。 相談後...

続きを読む

シート入りのまま薬を渡し飲み込んでしまって腸に損傷が生じたケース

医療過誤 相談前 患者様のご家族から相談がありました。病院では看護師が薬を毎朝渡して内服していましたが、シートに入ったままの状態で渡して、患者様がそのまま飲み込んでしまい、シートのとがった部分によって腸の損傷が生じてしまって緊急手術の後、人工肛門になりました。病院側はシートのまま内服させたことは認めていましたが、腸の損傷や人工肛門になったことはシートが原因とはいえないとして低額の提示しかなかったことから、当事務所に相談に来られました。 相談後...

続きを読む

介護施設で転倒した後、放置され脳内出血により死亡したケース

医療過誤 相談前 介護施設に入所中の患者さんが、転倒した後すぐに救急搬送してもらえず、救急搬送したときには既に手遅れになっていて亡くなった、としてご遺族からご相談を受けました。介護施設は責任を認めないような対応だったので誠意が見られず泣き寝入りをしたくないので、医学的に問題がなかったのかどうか検討してほしい、との依頼でした。 相談後...

続きを読む