弁護士向けサポート

当事務所では、医療が関わる法律問題のすべてについて、弁護士向けのサポートも行っています。現在まで、医療訴訟をある程度扱ってこられた先生方からの相談に応じたコンサルティングも多数行っています。弁護士向けサポートの主な業務は、以下の通りです。

1.事案検討コンサルト

 医療にかかわる問題の法律相談、医療ミス・医療過誤以外にも、薬害、介護、認知症、交通事故の診断について等、医療が関わると思われる相談で、わからないことについては、先生方に代わって検討、調査を行うことができます。
 簡単な質問であれば、無料でお答えします。お電話・メールでお気軽にご相談ください。

2.カルテ調査

 証拠保全、カルテ開示でカルテの入手まではできたが、その後の調査に行き詰っている先生は、できるだけ早くご相談ください。当事務所では、今まで入手したカルテや画像を、簡単な概要とともにお送りいただければ、数日以内に、事案の大まかな流れについて簡易診断を行います。
 その後、さらに、詳細な検討が必要と判断した場合には、訴訟にあたって必要な医学文献の検索・調査、英文文献の翻訳、カルテから事実を整理して一覧表や時系列のグラフ作成などを行い、訴訟に耐えうるかどうかの具体的な検討を行います。さらに、専門性が非常に高いケースでは、当方の判断で、専門医とのディスカッションを行い、その結果報告をします。

3.訴訟案件の共同受任

 カルテ調査から、訴訟に至るケースでは、担当弁護士から引き継いで当事務所が訴訟を行うケースもあります。また、担当弁護士の先生とともに、共同受任の形で事件にかかわることもあります。具体的な相談については、メール、電話でお問い合わせください。

4.訴訟追行中のコンサルト

 現在、訴訟手続き中のケースでも、協力医がいない、準備書面の作成に専門知識が必要である、医学文献を調査することができない、等で訴訟追行に行き詰っておられる場合には、できるだけ早くご相談ください。 訴訟の後半、証人尋問や判決直前になって相談を受けても、力になれないことがあります。

5.病院説明会 立ち合い

 病院説明会について、医師・弁護士として、同席することもできます。あらかじめ、先生方とポイントになる点について打ち合わせを行い、当日同席することも可能です。

6.意見書作成(医療訴訟の場合)

 協力医がいない、顕名で意見書を書いてくれない等でお困りの際には、意見書作成に協力してくれる医師に依頼し、意見書作成をしてもらうにあたり具体的アドバイスを行っています。

7.意見書作成(介護・遺言、後見、交通事故、その他の場合)

 当事務所が代理人としてかかわっていないケースでも、専門医の意見書が必要になる紛争は多数あります。介護申請にかかわる専門医の意見書、遺言書作成に当たって認知機能、意思決定能力の評価意見書、後見申請にかかわる専門医の意見書、交通事故の被害評価について専門医の意見書等、専門的な医師の診断、意見書が必要と思われる場合にはお気軽にご相談ください。当事務所で作成にかかわったケースの例として、交通事故にかかわる後遺障害診断書、遺言書の有効性にかかわる認知機能意見書、後見申請の際の認知機能意見書などがあります。 専門医がいなくて困っている、医学的な評価が必要な紛争を持っておられる先生方からのご相談に、医療訴訟以外でも対応しています。まずはお気軽にご相談ください。

8.文献検索コンサルト

 当事務所では、先生方に必要な医学文献を調査することを行っています。医学文献がどこでどうやって探せばいいかわからない、古い文献で図書館にない、英語文献の翻訳をしてほしい、提出された英語文献の内容を精査してほしい、など資料・文献にかかわる相談に随時応じています。裁判所にとってわかりやすい文献や、訴訟で証拠にしてもらえる文献の調査を致します。

9.交通事故の画像診断、調査

 交通事故時の画像診断、専門医による正確な評価、診断、意見書作成もご相談に応じます。専門医の意見書作成、診断書作成、客観的後遺障害評価などお気軽にお問い合わせください。

10.医療 刑事事件

 当事務所では、医療機関側で刑事事件に巻き込まれた医療スタッフの弁護の相談にも応じています。刑事弁護を担当されておられる先生方とともに、医療にかかわる分野のお手伝いを行います。刑事事件の中で、病院の対応が問題になるケースなど、お困りの際には、お気軽にご相談ください。