弁護士法人富永愛法律事務所
医療過誤と交通事故の法律相談
京都府京都市・全国対応

当⽇相談・オンライン相談O K|完全予約制

075-748-1241 075-748-1241
受付時間 平日11時~15時
10 ⽉末まで新規法律相談の受付を停⽌しています。
電話での法律相談は⾏っておりません。
法律相談のご予約は原則メールでお申込みください。

Home 9 判例 9 入院患者の転落事故については医療機関の責任が認められるケースが多い

入院患者の転落事故については医療機関の責任が認められるケースが多い

窓柵、ベッド柵などの物理的設置が行われていないために転落したようなケースでは、基本的に医療機関側に責任が認められているケースが多い。
例えば、両下肢麻痺で入院している高齢者が窓から転落したケース、幼児のベッドサイド転落防止安全柵を看護師が下ろしてナースステーションに戻ってしまった間に転落して脳障害が生じたケース、痴呆症の患者がベッド柵25㎝を乗り越えて転落したケースでは、柵があったにもかかわらず頻回に巡回する義務を認めているものさえある。反対に、物理的にベッド柵や、空調機があって転落する可能性が低い状況にあったケースでは転落事故が予測困難であったとされたケースもあるが、例外的である。

医療機関としては、頻繁な巡回監視、夜間帯での抑制帯の使用などの工夫、ベッド、窓への高い柵など具体的な措置を要求されることが多い。ここのケースで、具体的危険性は異なるが、転落が予測可能な状況であったと評価されれば、医療機関の責任は認められやすい。