弁護士法人富永愛法律事務所
医療過誤と交通事故の法律相談
京都府京都市・全国対応

当⽇相談・オンライン相談O K|完全予約制

075-748-1241 075-748-1241
受付時間 平日11時~15時
10 ⽉末まで新規法律相談の受付を停⽌しています。
電話での法律相談は⾏っておりません。
法律相談のご予約は原則メールでお申込みください。

Home 9 Q&A 9 医師・弁護士は、患者側の立場に立ってくれるのですか?

Q.医師・弁護士は、患者側の立場に立ってくれるのですか?

A.患者側の活動をする医師・弁護士もいます。

 日本全国には、現在、さまざまな分野で、医師・弁護士の両資格をもった方が活躍されています。大学教授、病院の理事、公的機関の職員など、医師・弁護士でも実際には弁護士活動を積極的に行っていない方もおられます。また、弁護士をしている方は、主に医療側の、医師会や医療機関の立場で弁護士活動を行っていることが多いです。
 今までは医師・弁護士が患者側の立場に立つことはないといわれてきましたが、当事務所の代表弁護士のように、患者側を主に行っている医師・弁護士も少しずつ増えてきました。医師・弁護士の両方の資格を生かして、患者側として医療訴訟に取り組んでいる弁護士であれば、まず、医療訴訟の見当時に問題点を誤ることはありませんし、協力医が全くいない、というような事態も考えにくいです。
 医師・弁護士に依頼したいと思ったときは、患者側の立場で弁護活動をしているかどうか、お聞きになることをお勧めします。