Q.弁護士に依頼する前に注意すべきことはありますか?

 A.セカンドオピニオンをお勧めします。

 弁護士に相談しなければいけないような事柄は、人生でそれほど多くありません。そのため、思い切って法律相談を受け、慣れないことで、よくわからないために、その場でこの先生にお願いしなければいけない、と思ってしまう方も多いでしょう。しかし、医療訴訟は、弁護士活動の中でも最も専門性が高く、難解な分野といわれています。初めて相談した弁護士が医療訴訟に関心があるか、経験があるか、協力医のネットワークを持っているか、医療の知識があるかなどは初回の相談だけではわからないことも多いです。特に、初回の法律相談で、弁護士に失礼になるかもしれない、とそのようなことを聞けなかった場合には、いきなり依頼するよりも、複数の弁護士からセカンドオピニオンとして意見を聞いてから、納得して最終決断をすることをお勧めします。

 弁護士の専門知識以外に人としてのキャラクターや、相性も重要です。専門家であっても相性が合わない弁護士と、訴訟になれば終わるまで何年間も付き合わなければなりません。1回の法律相談で決めてしまわず、医者を選ぶ時のように弁護士選びも慎重にされることをお勧めします。医療過誤の後、更に弁護過誤の被害に遭ったのでは、と思うようなケースもよく耳にするようになりました。
 セカンドオピニオンを嫌がる医師と同じように、セカンドオピニオンを嫌がる弁護士は信用できません。法律相談でも複数の弁護士にセカンドオピニオンを求め、納得のゆく弁護士を選ばれることが大切です。