弁護士法人富永愛法律事務所
医療過誤と交通事故の法律相談
京都府京都市・全国対応

当⽇相談・オンライン相談O K|完全予約制

075-748-1241 075-748-1241
受付時間 平日11時~15時
10 ⽉末まで新規法律相談の受付を停⽌しています。
電話での法律相談は⾏っておりません。
法律相談のご予約は原則メールでお申込みください。

Home 9 Q&A 9 裁判以外の方法で、できることにはどのような方法がありますか?

Q.裁判以外の方法で、できることにはどのような方法がありますか?

A.示談交渉が決裂した際には、民事調停手続きや、弁護士会の主催するADR(仲裁手続き)などを利用することもできます。訴訟に比べると手数料などの費用は安いですが、手続き内で折り合いがつかなければ最終的には訴訟手続きになるため、まったくの「無責」の回答であった場合には、このような手続きをとってもあまり効果はありません。
 ご希望の手続きがあれば、依頼者とともに検討しながら進めていくことになります。