Q.裁判以外の方法で、できることにはどのような方法がありますか?

A.示談交渉が決裂した際には、民事調停手続きや、弁護士会の主催するADR(仲裁手続き)などを利用することもできます。訴訟に比べると手数料などの費用は安いですが、手続き内で折り合いがつかなければ最終的には訴訟手続きになるため、まったくの「無責」の回答であった場合には、このような手続きをとってもあまり効果はありません。
 ご希望の手続きがあれば、依頼者とともに検討しながら進めていくことになります。