Q.(1)証拠保全手続と(2)カルテ開示請求、(3)弁護士照会のメリットとデメリットについて教えてください。

証拠保全手続き カルテ開示請求 弁護士照会
費用 20万円以上
1万円以内
5万円以内
手続きの特徴 裁判所による保全手続 任意 任意回答
メリット カルテ改ざん、破棄、隠ぺいを避けられる 費用が安い 費用が安く簡便
デメリット 時間と費用がかかる カルテ改ざん、破棄、隠ぺいに対応できない カルテ改ざん・破棄・隠ぺいに対応できない。
簡単な報告が多く、任意であるため、詳細な内容まで提供を受けることができない

1 証拠保全手続は、弁護士費用+実費がかかります。当事務所では、弁護士費用20万円(消費税別)+実費(10万円~20万円)程度で行っています。

2 カルテ開示請求は、病院側の設定する料金が必要です。カルテのコピー1枚 10円~50円、画像フイルム1枚800円~1000円程度、画像CD-R 1枚数百円~100円程度のところが多いようです。開示資料とともに、かかった費用について病院側から請求が来ます。

3 郵送費1050円程度と、相手方機関から実費請求が来ることがありますが1万円までの実費がかかることが多いです。当事務所では、弁護士費用5万円(消費税別)+実費で行っています。