Q.裁判に勝つためには、どのような証拠が必要ですか?

A.医療訴訟で勝訴するためには、原告側の主張する事実の証拠になるものを提出しなければなりません。裁判官は、裁判所に提出されているものを評価して判決を書くからです。裁判官が何かを調べてくれることは期待できません。患者側弁護士が、必要なものを適宜、適切な説明をしながら提出していく必要があります。重要なのは、「誰が、どの時点で、何を行うべきであった、あるいは、行うべきではなかった」という過失を立証することです。医学文献等を用いて、過失に関する医療事故当時の一般的医学的知見を裁判官に理解してもらい、十分な立証を行い、さらに、文献だけでは医学の現場の状況がわからないため、実際に現場で働いている、働いていた専門家に、私的鑑定意見書等を作成してもらい、提出します。
 ここまでの主張立証を行っても、原告の主張する過失が十分立証できていないと、請求は認めてもらえません。医療訴訟では、基本的には、原告側が、事実の証明を行うべき責任を負っているので、被告の主張に根拠を示しながら反論し、裁判官が確信をもつレベルにまで立証していく必要があります。過失と結果との間の因果関係についても同様です。