腰椎の椎間板ヘルニアに対して脊椎手術を受けたが症状が悪化したケース

2021年04月21日 | 解決事例

医療過誤

相談前

腰椎の手術を受けるにあたり、手術をすればしびれが改善するといわれて手術を受けたのに、手術の後痛みやしびれが悪化し、範囲も広がり、杖なしで歩行することができなくなったとして、相談に来られました。

相談後

当時のカルテは、病院側が一部しか開示しなかったことから証拠保全手続きを取ってすべてのカルテを入手しました。さらに、その後リハビリ通院中の別の医師のカルテなども入手の上、脊椎外科専門医の意見をもとに、手術中の操作の誤りによって神経根損傷を生じたことが判明したため交渉を開始しました。病院側は術後の合併症だと主張したため、訴訟提起し、裁判上の和解として勝訴的和解が成立しました。

富永 愛弁護士からのコメント

このケースでは、病院側から、患者の様子を隠し撮りしたビデオが提出され、歩行は可能だと主張される等、病院側の信じられない行動も問題となりました。病院を信頼していた患者様にとっては本当にショッキングなことだったと思います。最終的には、隠し撮りされたビデオをリハビリテーション専門医・元整形外科医と供覧し、しびれ・痛み、下垂足があることも証明することができた上、裁判所からも「このようなもの(隠し撮りビデオ)が提出されるようなことは裁判所としても不快」との発言もあり、裁判所の勧めで勝訴的和解に至ることができました。