がんの再発は見つけなければいけないのか?

    結論からいうと、がんの再発は、早く見つけてもあまり意味がないことがある。近年、がんに関わる法律相談は年々増加傾向にある。なかでも、がんの見落とし相談は、分かりやすい問題であるため増えている。がんは早期発見・早期治療が重要だといわれているのは、診断が早いほど完治できる可能性があるからである。  しかし、がんの再発は、そうではない。がんの再発は、初回の治療で適切な治療を行ったにもかかわらず、再度、同じ種類のがんが出現することである。この再発は、見落としといえるのか、は実は悩ましい問題を含んでいる。...

続きを読む

今までにない胸の痛み!大動脈解離の見落とし

急性大動脈解離は、致死率の高い疾患である。急激な、今までにない胸の痛みが背中から腰に移動したら要注意である。医師は重大で致死率の高い疾患から考えていかなくてはならない。「今までにない胸の痛み」で来院した患者には、①心筋梗塞、②大動脈解離、③肺塞栓の3つをまず考える。...

続きを読む

がん誤診。がんの手術をしたのに、がんがない?!がん診断の落とし穴

がんを根治するためには早期発見・早期治療が必要といわれるが、がんといわれて手術をしたのに、「がんがありませんでした」といわれるケースがある。患者さんはたくさんの恐怖と闘ってきたにもかかわらず、がんがない、ってどういうこと?と医療機関への不信感でいっぱいになる。あり得ない話と思われるが、医療現場では一定の頻度で起こっていることである。なぜこんなことが起きるのか。原因は、がん診断に複数の医師が関わるところにある。   乳がんといわれたのに、乳房を切除後に、がんがないといわれたケース...

続きを読む

脳梗塞の特効薬rt-PAと裁判例

脳梗塞は、早期に治療すれば改善が見込める疾患になりました。急に手足の麻痺が生じたときは急いで病院にいけばアルテプラーゼ®という特効薬を使って後遺症を起こさないようにできる可能性があります。この薬剤は、脳梗塞から4.5時間以内に使用する必要がありますので、症状が出てからすぐに病院に行くことが重要になります。 では、裁判では、脳梗塞の見落としは裁判所で認められているのか?...

続きを読む

乳房が真っ赤になった、炎症性乳がんの見落としは医療ミスか?

乳がんはしこりができるだけではありません。頻度は低いですが、炎症が起こっているよう乳房が真っ赤に腫れて乳房全体にひろがっていく炎症性乳がんというタイプがあります。乳がんはしこりができる、と思われることが多いためなかなか診断がつかない場合も多いです。患者さん自身も、赤くなって腫れてきたことを乳がんだと思わず、皮膚科や外科などに行って抗生物質をもらったけれどもよくならない、というパターンも多いです。 炎症性乳がんは悪性度が高い?...

続きを読む

胆石を放置されたら医療ミスか?

ケース:リハビリ目的で転院した、70歳男性。脳梗塞後のリハビリ目的の入院であったが、おなかが痛くなり緊急手術をしたが死亡してしまった。患者さんの家族は、以前から胆石があったのに放置されていたのではないのか?という思いで当事務所に相談がありました。初めに担当した弁護士さんは、患者さんの家族の言う「胆石を放置した!」ことに焦点を当てていて、紛争の問題点を理解していない様子でした。 胆石は、ありふれた良性疾患?...

続きを読む

交通事故の後、主治医はきちんと評価してくれましたか?

交通事故で外科的な手術をした後、元の状態よりも悪い状態になってしまい改善しないことを後遺障害といいます。交通事故の後、保険会社から治療費などを出してもらう際に、この後遺障害がどの程度あったかが問題になります。 通常は、自分の主治医が「〇〇程度の後遺障害がある」という診断書を作成してくれるので、それに基づいて計算することになります。...

続きを読む

原因不明の呼吸停止、カルテ調査の結果、睡眠薬を飲まされすぎて死亡の医療ミス!

原因不明の呼吸停止、カルテ調査の結果、睡眠薬を飲まされすぎて死亡の医療ミス! 現代は、睡眠薬なしで寝られない方がたくさんいます。軽い気持ちで近くのクリニックでもらった睡眠薬が、命取りになったケースを紹介します。 睡眠薬で呼吸停止?...

続きを読む