Home 9 Author archive for 管理者

くも膜下出血の見落とし、裁判は勝てるのか?

富永愛法律事務所の弁護士 富永です。 くも膜下出血は死んでも仕方がない病気だと思っていませんか? くも膜下出血で亡くなったら裁判では勝てないと思っていませんか? このコラムでは、実際の裁判例とともに「くも膜下出血の見落とし」は裁判で勝てるのか解説します。 くも膜下出血見落としの裁判例 実際には、「頭が痛い」「吐き気がする」などと救急病院に行ったのに、「大丈夫、入院しなくてもいいよ」と家に帰されて、その後にくも膜下出血で亡くなってしまい病院を訴えたケースで、ご遺族側が勝訴している裁判例がいくつかあります。 ケース1...

続きを読む

【YouTube動画】産科医療LABOのご紹介

当事務所が運営する、産科に特化したサイト「産科医療LABO」についてご紹介するYouTube動画が公開されました! 産科のトラブルに悩まれている方、これからご出産をひかえておられる方などに向けて、妊娠出産に関する様々な情報を発信しています。 動画とあわせて、産科医療LABOのサイトもぜひご覧ください。 産科医療LABOはこちら  ...

続きを読む

C型肝炎は治る病気になったのに、見落とされているC型肝炎陽性者と肝臓がんのハイリスク患者

C型肝炎は慢性肝炎のうち約70%を占めるといわれ、感染の自覚のない人、通院していない人を含めると国内に100万人以上の感染者がいると考えられています。 肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、肝炎になっても自覚症状を感じにくく、感染に気づかない、または気づいていても治療を受けていない人が多くいるのが現状です。 C型肝炎は放置すると、高い確率で肝硬変、肝臓がんに進行することでも知られています。...

続きを読む

産科医療LABOが新しくなりました

富永愛法律事務所が運営する、産科トラブルに特化したサイト「産科医療LABO」がリニューアルしました。法律相談はもとより、産科トラブルでお悩みの方への様々な情報提供も行ってまいります。...

続きを読む

医療裁判を一緒に戦ったご遺族から感想をいただきました

亡くなったのはわずか6歳の女の子でした この事件では、AVM(脳動静脈奇形)に起因する脳出血により市立病院に入院したお子さんが、入院中の再出血に対して病院の治療が適切ではなかったことで心停止から低酸素状態に至り、その後全脳壊死によりわずか6歳で亡くなりました。ご両親は「お子さんが生きた証を残したい」と裁判をする決心をされました。...

続きを読む

全身麻酔“抜歯”17歳が死亡…食道挿管の報道を読んで感じたこと

全身麻酔“抜歯”17歳が死亡…酸素チューブ誤って食道に 遺族「まさか命落とすとは」2023.12.18(テレビ朝日:テレ朝news報道を読んで) テレビ朝日のテレ朝ニュース報道で、17歳の生徒が、親知らずを抜くための治療中に低酸素状態に陥り、1カ月後に死亡していたと報道されており、「まだこんなことが起こっているのか」とショックを受けました。 歯科治療の際の麻酔事故は、これまでも何度も起きており気管挿管した際に誤って食道に挿管してしまい、脳に酸素が行かないまま低酸素脳症や死亡に至るケースは後を絶ちません。 明らかな医療ミス...

続きを読む
産科医療ラボ