Q.過失調査の費用は、どの程度かかりますか?

A.基本料金は、20万円+実費(消費税別)です。
 証拠保全、カルテ開示などで入手した診療録・画像資料を、検討するためには、通常は専門医の協力が必要になり、弁護士事務所によってはこの調査費用として30万円以上を請求し、医師への謝礼を実費として請求するところも多いようです。
 しかし、当事務所では、法律相談の当初から、医師・弁護士である代表弁護士が、医療と法律の両方の観点から迅速に検討を行います。この点、他の事務所よりも詳細かつ迅速でかつ医学的な調査が可能です。また、訴訟の可能性を視野に入れた調査として、医療訴訟・医療ミスがあったといえるかどうか、カルテ調査の段階で専門医と当事務所の代表弁護士がディスカッションを行い、訴訟可能と判断したケースでは、専門家に訴訟での意見書作成が可能かどうかの依頼を行うこともあります。
 専門家の意見が必要な、専門性の高いケースでは、医師とのディスカッション費用として510万円+実費が必要になります。必要かどうかは、当事務所で判断して、ご依頼者に相談の上、検討します。  
 実費としては、医学文献の検索・調査、英文文献の翻訳、医学書籍代、表・グラフ作成費用などがあります。実際にかかった費用の明細をお渡ししますが、平均して5万円~15万円程度になります。