弁護士法人富永愛法律事務所
医療過誤と交通事故の法律相談
京都府京都市・全国対応

当⽇相談・オンライン相談O K|完全予約制

075-748-1241 075-748-1241
受付時間 平日11時~15時
10 ⽉末まで新規法律相談の受付を停⽌しています。
電話での法律相談は⾏っておりません。
法律相談のご予約は原則メールでお申込みください。

Home 9 Q&A 9 過失調査は何のために行うのですか?

Q.過失調査は何のために行うのですか?

A.医療訴訟・医療ミスがあったといえるかどうか、を判断するためには、カルテや画像資料などからどのような事実があったのかを調査することが不可欠です。

 カルテ調査を行わずに、医療訴訟で勝訴に至ることはできません。
 カルテ・画像資料などを詳細に検討し、必要であれば、表やグラフにすることで事実が明らかになります。また、カルテ調査の段階で専門医と当事務所の代表弁護士がディスカッションを行うことで、新たな問題点が明らかになることもあります。このような詳細な検討を、訴訟の前に行うことで、訴訟で勝訴する見込みがあるかどうか、どのような文献が必要か、専門家の意見を意見書として提出する必要があるかどうか等が判断できます。
 訴訟前に十分な調査を行っても、裁判官や相手方医療機関の弁護士によって、訴訟は100%勝てるとはいえません。しかし、この調査なしに勝てることはまずありません。