弁護士法人富永愛法律事務所
医療過誤と交通事故の法律相談
京都府京都市・全国対応

当⽇相談・オンライン相談O K|完全予約制

075-748-1241 075-748-1241
受付時間 平日11時~15時
10 ⽉末まで新規法律相談の受付を停⽌しています。
電話での法律相談は⾏っておりません。
法律相談のご予約は原則メールでお申込みください。

Home 9 Q&A 9 訴訟提起の時には、どこまでの調査が必要ですか?

Q.訴訟提起の時には、どこまでの調査が必要ですか?

A.訴訟提起の時には、裁判所に提出する「訴状」を作成します。そこには、(1)請求の趣旨と(2)請求の原因、を記載します。(1)請求の趣旨は、原告が求める判決の結論部分です(2)請求の原因では、具体的な文献証拠や診療録等を引用しながら、診療経過・過失・結果・因果関係・医学的知見・損害額等を記載していきます。
 ここで特に重要になるのは、「過失」の有無です。医療機関が行うべきであったのに行わなかったことを、具体的に特定して明確に記載する必要があります。ここでは、医療機関の過失をすべて記載することよりも、生じた結果と関連があることに絞って主張していきます。また、前提となる「医学的知見」もわかりやすく説明しなければなりません。なぜ問題になるのか、医療の現場ではどのようにすべきなのか、等を具体的に説明し、医療機関が行ったことや行わなかったことに問題があった、ということを説明します。さらに実際に患者さんに生じた「損害」の計算を行って、最後に、算定の根拠になる証拠とともに明示します。
 このように、訴訟提起の段階で、生じた事実を整理し、医学的知見について十分な検討がなければ訴状を作成できません。