Home 9 カテゴリー: 新着情報 ( Page 3 )

弁護士 富永が担当した産婦人科に関する事例がセンターニュース(医療事故情報センター・2023年10月1日発行 No.427)に掲載されました。

センターニュース10月号(医療事故情報センター・2023年10月1日発行・No.427) 弁護士 富永が担当した「HELLP症候群に対し必要な検査・搬送を行わず治療が遅れたことで、妊婦は死亡、児も出生4ヶ月後に死亡したことについて、1億2500万円の訴訟上の和解が成立した事例」が症例報告として掲載されました。   本事例の解決事例もあわせてご覧ください。...

続きを読む

弁護士 富永愛が担当した医療訴訟の判決が医療判例解説(医事法令社・2023.8.15発行・105号)に掲載されました。

(医事法令社 https://www.izi-hourei.jp/index.htm) 弁護士 富永愛が担当した、京都地裁令和4年3月9日判決が医療判例解説の特集事例No.1として掲載されました。 「開頭術後、鼻血の止血や気道の確保を行わず経過観察のみとし、患者が急性呼吸不全となったのは注意義務違反があったからとして損害賠償を求めた事例」 事例の概要 頭痛の症状を訴えて総合病院の時間外外来を受診した患者さんは、頭部CT検査の結果、脳内出血があり入院することになりました。...

続きを読む

弁護士 富永が担当した脳神経外科に関する事例がセンターニュース(医療事故情報センター・2023年8月1日発行 No.425)に掲載されました。

  センターニュース8月号(医療事故情報センター・2023年8月1日発行・No.425) 弁護士 富永が共同で担当した「頚髄症に対する椎弓形成術実施の際に手術手技を誤り硬膜損傷と脊髄損傷を生じ四肢不全麻痺に至ったとして、訴訟上の和解(勝訴的和解)が成立した事案」が症例報告として掲載されました。 掲載事例の詳細は下記よりご覧ください。 ・センターニュース掲載「症例報告」...

続きを読む

弁護士 富永が担当した医療訴訟の判決が医療判例解説(医事法令社・2023.6.15発行・104号)に掲載されました。

弁護士 富永が担当した、京都地裁令和3年11月9日判決が医療判例解説の指標事例No.4として掲載されました。 「右肩関節脱臼の整復時、腕神経叢(そう)ブロックの過失によって局所麻酔薬中毒となり、呼吸停止等から低酸素脳症に至ったとして損害賠償を求めた事例」 事例の概要 患者さんが肩関節の脱臼で整形外科クリニックを受診した際、医師は超音波ガイドを用いることなく局所麻酔薬による腕神経叢ブロックという方法で整復を行いました。...

続きを読む

YouTubeチャンネル開設のお知らせ

この度、富永愛法律事務所が運営するYouTubeチャンネルを開設いたしました。 『産科医療LABO』と題して、当事務所にご相談の多い、産科(産婦人科)医療について解説しています。 その第一弾として、「吸引分娩について解説!」を配信しております。 ぜひご覧ください。 ■産科医療LABOチャンネルページ 産科医療LABO - YouTube ■動画「吸引分娩について解説!」...

続きを読む

弁護士募集

弁護士・事務員ともに全員子育て世代の子育てに優しい法律事務所です。お子様がいらっしゃる方を最優遇しており、残業が一切ない事務所です。 医療問題に特化した事務所ですが、一人で事件を受任することはなく、先輩弁護士のサポートをお願いします。 協調性があり、スタッフと協力して仕事ができる人材を求めています。 実務経験2~3年以上。 9:30~17:00(昼休憩1時間、残業なし) 休日 土日祝、夏季・冬季休暇有り、有給休暇有り 勤務地 大阪府高槻市高槻町11番20号第2領家ビル401号(阪急高槻駅より徒歩2分)...

続きを読む

臨時休業のお知らせ

この度、社員研修に伴い下記日程を臨時休業とさせていただきます。 大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 休業日 :...

続きを読む
産科医療ラボ