採血・点滴の訴訟判例

注射器の使用による神経障害について医療機関の責任を認めたケース、認めなかったケース

注射器の使用による神経障害について医療機関の責任を認めたケース、認めなかったケース 注射針による神経損傷はよくあるケースである。前腕の静脈から採血を行う際に、前腕皮神経の損傷したケースで、患者が痛みやしびれを訴えたにも関わらず同じ部位に注射針を挿入して点滴…