消化器内科 消化器外科の訴訟判例

胃がん見落としについて医師の過失が認められた

胃がん見落としについて医師の過失が認められた 広島地裁 平成7年12月5日 判時1589号95頁 胃がんの見落としのケースで問題になるのはスキルス胃癌の事案が非常に多い。スキルス胃癌は、上部内視鏡(胃カメラ)で観察が難しく、上部消化管造影(バリウム検査)で…

手術標本の切除断端について病理組織検査に提出せず胃癌が残っていたケースについて、標本を提出しなかった医師に責任を認めた

手術標本の切除断端について病理組織検査に提出せず胃癌が残っていたケースについて、標本を提出しなかった医師に責任を認めた 東京地裁 昭和58年1月24日 判時1082号79頁 24歳の出血性胃潰瘍があった患者が広範囲胃切除術を受けた。肉眼的には良性であったこ…

消化器手術後の縫合不全について、経過観察を怠って発見が遅れたとして医師の責任をみとめた

消化器手術後の縫合不全について、経過観察を怠って発見が遅れたとして医師の責任をみとめた岐阜地裁大垣支部 平成2年7月16日 判時1368号114頁 胃・十二指腸潰瘍に対して広範囲胃切除、潰瘍部十二指腸切除、ビルロートⅡ法再建の手術を受けた後、白血球数増多、…

上部消化管出血に対して緊急内視鏡ができる医療機関に搬送しなかったケースで医師の責任を認めた

上部消化管出血に対して緊急内視鏡ができる医療機関に搬送しなかったケースで医師の責任を認めた宮崎地裁 平成4年3月27日 判時1446号135頁 夜中の間に4回の吐血・下血があった患者を入院させ、止血薬・抗潰瘍約などを投与していたがショック死したケースで、簡…