カルテ等の診療記録は、どのように入手する方法がありますか?費用は?

Q.カルテ等の診療記録は、どのように入手する方法がありますか?費用は? A.診療記録の入手方法には、大きく分けて(1)証拠保全手続と(2)カルテ開示請求の2通りがあります。 (1)証拠保全手続きは、裁判所に申立てて行う裁判所による手続きです。弁護士が依頼者から依頼されて裁判所に申し立てをする方法が一般的ですが、本人自ら裁判所に申し立てを行うことも可能です。費用は20万円~50万円まで事務所によって異なりますが、20万円程度で行うところが比較的安いと思います。当事務所では通常、220,000円(税込)+実費でお受けしています。...

(1)証拠保全手続と(2)カルテ開示請求、(3)弁護士照会のメリットとデメリットについて教えてください。

Q.(1)証拠保全手続と(2)カルテ開示請求、(3)弁護士照会のメリットとデメリットについて教えてください。 証拠保全手続き カルテ開示請求 弁護士照会 費用 220,000円(税込)以上 ※1 11,000円(税込)以内 ※2 55,000円(税込)以内 ※3 手続きの特徴 裁判所による保全手続 任意 任意回答 メリット カルテ改ざん、破棄、隠ぺいを避けられる 費用が安い 費用が安く簡便 デメリット 時間と費用がかかる カルテ改ざん、破棄、隠ぺいに対応できない カルテ改ざん・破棄・隠ぺいに対応できない。...

カルテ開示請求をする前に、確認するべきポイントは?

Q.カルテ開示請求をする前に、確認するべきポイントは? A.保全手続にしなくてもよいのか、十分検討が必要です。  カルテ等の自己開示請求があると、医療機関側は提訴されるのではないかと考えてカルテ等の破棄、改ざん、隠匿が行われる可能性があります。診療記録は、医療過誤・医療事故事件の証拠になる重要な書類です。大切な証拠が改ざん・隠匿されてしまうと、医療過誤があったとしても、裁判で立証が十分にできないことになります。そのため、相手方医療機関からカルテ等を取り寄せるときは、通常、証拠保全手続きを利用したほうが安全だと思います。...

カルテ等の開示請求を弁護士に依頼することは可能でしょうか?その費用は?

Q.カルテ等の開示請求を弁護士に依頼することは可能でしょうか?その費用は? A.可能です。費用は、当事務所では55,000円(税込)+実費で行っています。  弁護士が患者や家族を代理してカルテ等の自己開示請求を実施することも出来ます。  カルテ等の自己開示請求では、具体的にどのような資料を取り寄せたら良いのか分からない、あるいは、診療記録のコピーを交付されたけれど必要な資料が全部揃っているかが分からない場合があります。...