Home 9 2022 9 November

産婦人科の分娩時の医療ミスで脳性麻痺が残ったことにつき約1億5700万円で示談解決(産科医療保障制度の支払金1800万円を充当)

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療ミスの事案 近畿地方の総合病院で出産。陣痛が弱いためオキシトシン(陣痛促進剤)を投与されました。オキシトシンは、子宮収縮を促進する薬剤。分娩誘発,微弱陣痛等の場合に使用されます。投与方法や投与中の管理が重要な薬剤です。使い方を誤ると、陣痛が強くなりすぎる(過強陣痛)や子宮破裂になることもあり、赤ちゃんに悪影響を与えることもあります。...

続きを読む

無症状の良性脳腫瘍の手術で重度後遺症が残った事案において約1000万円の示談が成立したケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療ミスの事案概要 近畿地方の公立総合病院で良性の脳腫瘍(髄膜腫)が偶然見つかり、症状が出現前に摘出手術を行ったところ術直後から半身不随の後遺症が出現し回復しなかった事案です。 相談後の経緯...

続きを読む

術後に鼻出血が持続し気道確保が遅れて急性呼吸不全により死亡した事案において約4000万円の全額が認容されたケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療ミスの事案概要 京都市内の総合病院に脳内出血の治療のため緊急入院した患者様が、開頭摘出手術を受けた後、鼻出血が持続し看護師が何度も医師を呼んでいたにも関わらず担当医師が診察せず、鼻出血が喉に溜まって窒息状態になりました。鎮静剤のプロポフォールという薬剤を点滴されていたため本人は窒息状態でも動くこともできませんでした。気管挿管によって気道の確保も行わなかった結果、血液が喉に溜まって気道を閉塞し急性呼吸不全により死亡してしまったという事案です。...

続きを読む

C型肝炎に対する抗ウイルス療法が長期間行われず死亡した事例で3000万円以上の裁判上の和解が成立したケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療過誤の事案概要 北陸地方の総合病院に、C型肝炎に罹患していることを含めて紹介され、入通院をしていた患者さんに対し、担当医師らが約6年間にわたりC型肝炎に対する抗ウイルス療法を全く行わなかった結果、患者様が死亡してしまったという事案です。 受任に至る経緯...

続きを読む
産科医療ラボ