内科

がん検診で肺がんを見落とされ治療開始が遅れたことについて100万円以上の和解が成立した事例

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療ミス・医療過誤の事案概要 関東地方の市町村が実施した肺がん検診でがんの見落としがあり手術や抗がん剤などの治療開始が半年遅れたトラブルです。 相談までの経緯 このケースでは、市区町村から肺がん検診の委託を受けていたクリニックの医師が、見落としをしてしまい、ダブルチェック(二重読影)も行っていなかったことが判明し、市町村を信頼していた患者様が信頼を裏切られたと感じて相談に来られました。 集団検診の肺がん見落とし...

続きを読む

シート入りのまま薬を渡し飲み込んでしまって腸に損傷が生じたケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 相談前 患者様のご家族から相談がありました。病院では看護師が薬を毎朝渡して内服していましたが、シートに入ったままの状態で渡して、患者様がそのまま飲み込んでしまい、シートのとがった部分によって腸の損傷が生じてしまって緊急手術の後、人工肛門になりました。病院側はシートのまま内服させたことは認めていましたが、腸の損傷や人工肛門になったことはシートが原因とはいえないとして低額の提示しかなかったことから、当事務所に相談に来られました。 相談後...

続きを読む