示談

産科医療補償制度の申請から弁護士が関わることで産科医療補償制度よりも増額した示談解決(8000万円以上)が可能となったケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 産科医療補償制度を活用することの重要性 分娩時や分娩後のトラブルによってお子さんが脳性麻痺になった場合、医療機関に産科医療補償制度とは別に損害賠償請求を求めることができることもあります。そこで、産科医療補償制度の申請の際に弁護士に相談するメリットと、原因分析報告書の活用方法について、是非、詳しく知ってもらいたいため詳しく説明します。 産科医療補償制度とは...

続きを読む

陣痛促進剤の不適切な使用とクリステレル胎児圧出法をガイドラインに反して20回以上行ったケースで、産婦人科クリニックの損害賠償責任約8000万円(産科医療補償制度から既払い金額約1000万円)があった事案

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 事案の概要 初産婦で38週の出産時のトラブルです。近畿地方の産婦人科病院で陣痛促進剤の不適切な使用と20回以上のクリステレル胎児圧出法が原因で脳性麻痺になったケースです。 産科医療補償制度とは 産科医療補償制度については、『産科(産科医療補償制度の原因分析報告書の読み方)』のページも参照してください。...

続きを読む

がん検診で肺がんを見落とされ治療開始が遅れたことについて100万円以上の和解が成立した事例

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療ミス・医療過誤の事案概要 関東地方の市町村が実施した肺がん検診でがんの見落としがあり手術や抗がん剤などの治療開始が半年遅れたトラブルです。 相談までの経緯 このケースでは、市区町村から肺がん検診の委託を受けていたクリニックの医師が、見落としをしてしまい、ダブルチェック(二重読影)も行っていなかったことが判明し、市町村を信頼していた患者様が信頼を裏切られたと感じて相談に来られました。 集団検診の肺がん見落とし...

続きを読む

乳腺外科・外科で乳がんを2年以上見落とされ治療開始が遅れて患者が死亡したことについて約1300万円の裁判上の和解が成立した事例

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 医療ミス・医療過誤の事案概要 北海道地方の総合病院において毎年、乳がん検診を受けていたががん見落としがあり2年以上経過後に乳がんの診断となったときには骨転移があり訴訟継続中に患者さんが亡くなったというケースです。 相談までの経緯...

続きを読む

❺医療ミス・医療過誤の被害者が考えておくべき、「解決」までの時間

❺医療ミス・医療過誤の被害者が考えておくべき、「解決」までの時間 医療ミス・医療過誤の被害にあってしまったとき、患者様やそのご家族が、加害者である医師や病院との関係で、「解決」に至るまでには、どのくらいの時間が必要となるでしょうか。 患者様やそのご家族が、医師や病院にどのようなことを求めておられるかによって異なりますが、当事務所の多数の経験事案から、一般的なお話をさせていただきます。 1 説明を求めたい 元気になって帰ってくると思っていた大切な家族が、入院先で意識が戻らず、退院の見通しが立たない状態になってしまった。...

続きを読む

❹医療ミス・医療過誤の弁護⼠選びのポイント

❹医療ミス・医療過誤の弁護⼠選びのポイント 医療ミス・医療過誤の被害を受けた、患者様や患者様のご家族が、直接病院とお話合いをされたものの、解決に至らず、他の弁護士事務所にも行ったが納得できる話を聞けなかったとして、当事務所にご相談に来られることが多くあります。 患者様や患者様が、病院から誠意ある対応を受けられず、カルテの開示さえ適切に行われないこともあります。...

続きを読む

シート入りのまま薬を渡し飲み込んでしまって腸に損傷が生じたケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 相談前 患者様のご家族から相談がありました。病院では看護師が薬を毎朝渡して内服していましたが、シートに入ったままの状態で渡して、患者様がそのまま飲み込んでしまい、シートのとがった部分によって腸の損傷が生じてしまって緊急手術の後、人工肛門になりました。病院側はシートのまま内服させたことは認めていましたが、腸の損傷や人工肛門になったことはシートが原因とはいえないとして低額の提示しかなかったことから、当事務所に相談に来られました。 相談後...

続きを読む

介護施設で転倒した後、放置され脳内出血により死亡したケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 相談前 介護施設に入所中の患者さんが、転倒した後すぐに救急搬送してもらえず、救急搬送したときには既に手遅れになっていて亡くなった、としてご遺族からご相談を受けました。介護施設は責任を認めないような対応だったので誠意が見られず泣き寝入りをしたくないので、医学的に問題がなかったのかどうか検討してほしい、との依頼でした。 相談後...

続きを読む

頸椎症に対する手術後に化膿性脊髄炎を発症し麻痺の後遺症を生じたケース

医療過誤・医療ミス・問題解決事例 相談前 頸椎症の手術を行った後、入院中に発熱・痛みが増悪してきて主治医に訴え続けていたが対応してもらえず、その後麻痺の症状が出てから他院へ緊急転院となり、緊急手術をしたが麻痺は改善しないまま後遺症となっていました。相談者は遠方の方でした。カルテなどを検討した結果、術後の対応の遅れに問題があると考え、当事務所で示談交渉を行う依頼を受けました。 相談後...

続きを読む